読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりSEですがなにか

忘れないようにメモしてます。

球団オーナー企業に見る産業の栄枯盛衰【DeNAベイスターズ】 

考えたこと

f:id:yasuhiroa24:20120206171517j:plain

2011年、横浜DeNAベイスターズが誕生した。IT企業ではソフトバンク、楽天に続いて3社目だ。

野球球団オーナー企業は、その時代を代表する企業である。

であれば、オーナー企業の変遷を見てみれば、産業の栄枯盛衰が分かるはずである。

その仮説を検証すべく、下のグラフを作成した。

f:id:yasuhiroa24:20120206174807j:plain

日本プロ野球球団のオーナー企業を、各年ごとに産業別分類したグラフである。(wikipedia:日本プロ野球)

  •  グラフから読みとれること

①鉄道の比率が落ちてきている。

②映画産業が1946~1970年までオーナー企業として存在していた。

③不動産産業(ゴルフ場)が1972~1976年まで存在していた。

④IT産業が2004年から比率を伸ばしている。

  • 仮説の検証

映画産業が盛り上がっていた時代、不動産が盛り上がっていたバブル時代、そのころに球団経営にしていたと言えなくもない結果になった。

IT産業が盛り上がっている昨今に、IT企業が球団経営に乗り出した。

仮説は、そこそこあたってるのではないか。。

  • 今後どうなるのか

野球オーナー企業がこれからどうなるのか。

新規で球団経営に乗り出す企業は、知名度やブランドが欲しい企業である。新聞や鉄道が新たに球団経営に乗り出すメリットはほとんどない。

であれば、新興企業であるIT企業や、バイオ系企業が球団経営を始める傾向が続くのではないだろうか。