読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりSEですがなにか

忘れないようにメモしてます。

【書評】そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった

アガサ・クリスティー作、推理小説の古典であり、不朽の名作。

プロットの設定が抜群で、純粋に犯人は誰なんだ?という事だけを考えさせながら読ませる知的エンターテイメント。

ちなみに自分は、こいつが犯人だと思っていた奴が外れた。まさにミスリードされてしまった。